ジェラートピケ(gelato pique)のメンズパジャマを買ってみたら最高だった件

目次

ジェラートピケってなに?

https://gelatopique.com

ジェラートピケ(gelato pique)と聞くと、ファッションに興味のない男性陣は表参道のスイーツ屋的なものを想像してしまうが、主に女性をターゲットとしたアパレルブランドである。通称ジェラピケ。

ジェラピケは名前だけ聞くとフランスかイタリアのブランドのように思えるが、株式会社マッシュスタイルラボが2008年にスタートした日本のブランドである。

ルームウェアのブランド

ブランドコンセプトについては、公式Webサイトでは以下のように解説されている。

“大人のデザート”をコンセプトに、着心地へのこだわり、着る人それぞれのライフスタイルに喜ばれるアイテムを“ファッションのスウィーツ”として表現したルームウェアブランドです。
あらゆる年代の女性、男性に“お部屋の中のファッション”を贈ります。

https://gelatopique.com/Page/ourstory/ourstory.aspx

そう、ジェラピケはルームウェアブランドなのだ。

色んな配慮を捨てて端的かつ雑に言えば、パジャマ屋だ。

もこもこ素材が特徴

「ファッションのスウィーツ」とはなんとも想像し難いものであるが、以下の素材別の特徴を読むと、それぞれの素材ごとにテーマとしているスウィーツがあるようだ。

素材読み方概要
GELATOジェラートブランドのスタンダードなもこもこ素材。まるでふんわりと焼かれたケーキスポンジのような、一度味わったら離れることができない、驚きの柔らかさ。
SMOOTHIEスムーズィー肌に触れるなめらかな柔らかさは、口に含んだ瞬間とろけてしまう“スムー
ズィー”のよう。ジェラートよりもやや薄手に作られています。
POWDERパウダーふわふわもこもこの感触はそのままに、汗をすばやく吸収し、さらりとした肌触りを持続させる、お子さまにもおすすめの素材。
SOUFFLEスフレ保温性にこだわって作られた温か素材。温もりを感じさせるふかふかの心地よい弾力は、まさにネーミングの“スフレ”そのもの。
https://gelatopique.com/Page/ourstory/ourstory.aspx

上記にあるように、GELATOがメインのラインであり、もこもこ素材が特徴である。

余談であるが、”スムーズィー”の発音については筆者ではなく公式によるものである点についてご留意いただきたい。

ジェラピケは主に女性用商品であるが、男性用のラインとしてジェラートピケオム(GELATO PIQUE HOMME)がある。

ちなみにどの素材のアイテムであれ、そこそこ高価格帯である。

定番品と言えば、以下のボーダーのプルオーバー(’ジェラート’トリムボーダープルオーバー)とロングパンツ(’ジェラート’トリムボーダーロングパンツ)の組み合わせだろう。

もしくは、上半身は首回りまで暖かいカーディガン(’ジェラート’トリムボーダーカウチン)のどちらかだ。

一見すると囚人服チックな縞模様であるが、これがとってもカワイイ。

ちょっと高い

えっ、パジャマが上下で1.5万円もするの!?と驚かれたことだろう。

そう、今回紹介するジェラピケはちょっと高い。

ただ、高いだけあって一度着たらやめられない魅力的なルームウェアなのだ。

なんでジェラピケがいいの?

ジェラピケの特徴である、もこもこ素材

これが家でリラックスした時間を過ごすために、たまらなく良いのだ。

現代人の悲しい性として、日中は殺伐とした環境でビジネスという名の戦いを繰り広げることを強要される人生だとしても、せめて家に帰ってきたなら快適に過ごしたいところだ。

クタクタになって帰ってきても、風呂に入ってもっこもこのジェラピケを着てNetflixを見ながらストロングゼロでも飲めば十分に精神的にも肉体的にも回復する

これだけ夜を快適に過ごせるのであれば、1.5万円払う価値は十分にある

抜群の使用感

ここで、より詳細な使用感についてレビューして行こう。

まずは上半身を見てみよう。

上半身はもっこもこである。

一目でわかる暖かさ。そして裏側にはもこもこ素材の証、「GELATO」の文字が鎮座する。

筆者は178cm/72kgで Lサイズを選んだ。写真のとおり、少し袖が余っているが、暖かさを追求したルームウェアとしてはちょうど良いが、もう1サイズ落としても良かったかもしれない。

続いて下半身。

下半身ももっこもこである。

これも体型に比べて若干大きいかったので、もう1サイズ落としても良かったかもしれない。

ウエスト部分はゴムとヒモで固定する。背面にポケットもついているので、夜中にふらっとコンビニに出る時もスマートフォンを入れたりできて便利だ。

上下ともに生地が厚く、フワッフワなので特に冬場の気温が低い日でもこれさえ着ていれば十分に暖かいまさにこれこそが着る毛布である

また、衣類としての締め付けを全く感じないので、リラックスしたおうち時間を過ごすことができる

また、睡眠の質もかなり改善したと思う。

独特の質感がリラックス効果を高めているのだろうか、入眠までの時間が以前より短縮されたり、寝起きの回復感も向上したように思える。

パジャマ1枚でそんなに変わるのか?と思うかもしれないが、本当に全然違う。

結論

ちょっと高いのでなかなか購入に踏み切れない人もいるかもしれないが、筆者の感想としてはこんなに快適に過ごせるならもっと早く買えばよかったというところだ。

ささやかな幸せではあるものの、その積み上げが日々の幸福感に直結するので、私見ではあるが、良いものはエイヤと買ってしまうのがオススメだ。

読者の皆が素敵なリラックスタイムを送れることを願っている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる