子供を寝かしつける労力を劇的に減らす方法

目次

毎晩の努力

子供を寝かしつけるということ

子供を寝かしつける時、絵本を読んであげたり、子守唄を歌ってあげたりとさまざまな工夫をする。

子供にとって、後になって振り返れば一生忘れられないプレゼントであるが、この多忙な現代社会で毎晩寝付くまでそれを続けることは相当な負担である。

自分の体調、子供の体調、次の日の予定・・・

色々な要素が作用して、子供が寝てくれるまで長くかかってしまったり、それによって自分が負うダメージも大きく変わってくる。

時には限界を迎える日もあるが、親と同居していなかったり、旦那が面倒を見れなかったりと、限界を超えて相手をしなくてはならない日もある

子供がいない人には理解できない苦労

今も昔も変わらないだろうが、子供がいない人の大部分にはその苦労は微塵も理解できない

病気やいじめ等と同じで、当事者にしかその苦労は分からないものだ。

精神的に限界を超えて、子供に手をあげてしまいそうになる経験なんて誰しもあるだろうし、一歩間違えば一線を超えてしまうこともある。

子供がいれば、そういうことを発端に世を騒がすような事件が起きても、ある意味他人事ではないなと思って自分を戒めるのが「あるある」だが、子供がいない人の大部分にはこの感覚は全く理解できないだろう。

子連れの行動に対して、世間は細かいことまで厳しく見ていて、SNSを見れば何かにつけて「親として当然の行動を取れ」とか、「責任持てないなら作るな」とか、「親になる権利がない」とか、色々書かれている。

皆、他人には厳しいのは世の常だが、その謗りを色々なところで主張されてしまうのが今の世の中だ。

このように、現代社会は非常に子供を育てにくい環境があり、理解する気もない人がたくさん存在している。

代替的手段

誰にも理解されない中、苦労を乗り越えて子供を育て上げるのが親であるが、これだけ技術の進歩した現代社会では、無理して毎晩絵本の読み聞かせや子守唄を歌わなくても、それを代替してくれるアイテムが存在している。

そんな子供を寝かしつけるためにオススメのアイテムを紹介しよう。

 天井いっぱい!おやすみホームシアター 

赤ちゃんガン見だよ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる