仮想通貨YGGとは?P2E(Play-to-earn)・ギルド・DAO/SubDAO(サブDAO)について学ぼう!

仮想通貨を始めるなら、
まずは Binance に登録しよう!

以下のリンクから登録で
取引手数料が10%割引に!

\ 紹介リンクを使わないともったいない /


YGGのホワイトペーパーをもとにYGG及びYGGトークンとは何かについて考察する。

サマリ
  • YGGはP2EギルドのDAOである
  • YGGは主にNFTアセットを購入して運用する収益活動を行う
  • YGGはYGGトークンを発行している
  • YGGトークンはガバナンスとトレジャリーの分配権を持つ株式のようなトークン
  • P2Eゲームや地域を軸とした下部組織であるSubDAOを展開している
目次

YGGとは

YGG(Yield Guild Games)とは、ヴァーチャルワールドやブロックチェーンゲームで使用されるNFTに投資を行うDAOである。

この組織のミッションは、最大のヴァーチャルワールドの経済を創造し、その最適化を図ることである。コミュニティが所有するアセットを最大限に活用し、その利益はトークンホルダーに共有される。

YGGは、NFTとDeFi分野の長所を組み合わせ、ゲーム経済にイールドファーミングをもたらすとともに、これらのゲームのコンテンツと経済を発展させることでヴァーチャルワールドの価値を高めている。

YGGは、ヴァーチャルな経済が時間の経過とともに現実世界の経済よりも価値が高くなると考えているため、メタバースにおけるアセットを所有し、開発したいと考えている。同時に、ギルドのメンバーである競技ゲーマー、アーティスト、コンテンツクリエイターがヴァーチャルワールドで活躍できるような価値を提供する。

YGGの活動

YGGがNFTの価値を最大化するためのプロトコルは、トークン保有者の分散型ネットワークによるガバナンス提案と投票に基づき、DAOを通じたコンセンサスによって指示されるスマートコントラクトによって自動化されている。

YGGの活動内容は以下の通りである。

  • ゲーム内の報酬を集めるために競い合ってプレイするPlay-to-Earnゲーマーのグローバルコミュニティを構築する(例:Axie Infinityのプレイヤーはバトルに勝つことでトークンを獲得する)
  • YGGが所有するNFTアセットのレンタルや販売による収益の創出(例:サンドボックスの土地の再販、またはスカラシップと呼ばれる利益分配モデルの一部としてプレイヤーにAxieをレンタルすること)
  • コミュニティが提案や投票によってDAOに参加できるようにする
  • DAOに参加するゲーマーがメタバース関連のゲームで競争力を発揮することで、利回り向上のアービトラージを行うためのR&Dのコーディネートを行う

YGGのビジネスモデル

YGGのDAOによるゲーム選定に要求する要素は以下のとおりである。

  • ヴァーチャルワールドをベースにした獲得可能な経済
  • ネイティブトークンを使用したヴァーチャルな経済
  • ゲーム内の活動によってプレイヤーにネイティブトークンの報酬が与えられるPlay-to-earn機能
山田さん

NFTを利用してFTを稼げるモデルが前提として必要であるということかな?

収益の発生形態については以下のとおりである。

  • DAOの主な収益は、YGGが所有するNFTアセットを直接または間接的(ゲーム内の報酬の一部が直接YGGに支払われるレンタルプログラムを通じてギルドメンバーがアセットを利用)に活用することによってもたらされる
  • 土地などのゲーム内アセットの場合、第三者(ギルドメンバー以外)がそのゲーム内土地で経済活動を行うことで収益が発生する可能性がある
  • NFTの所有者は、ゲーム内アセットの経済的価値が取引市場でのネイティブトークンの価値に反映されることで利益を得ることができる

YGGの価値提案

YGGチームの取り組み

  • 新規プレイヤー、アンバサダー、コミュニティマネージャー、ゲームマスターの獲得
  • レベルアップ報酬プログラム、マックスレベル報酬プログラム、クラスリーダー、ギルドイベント、トーナメント、投票参加を通じて参加者にインセンティブを与える
  • トークングラントの配布
  • ギルドの新機能の構築
  • レンタル料と利回りのコア活動を拡大するための技術の構築
  • ヴァーチャルなゲームアセットの購入

プレイヤーは、各ゲーム/クラス内のクエストを通じてレベルアップし、その過程で実績、バッジ、報酬、賞品を獲得することができる。新しいレベルに到達すると、プレイヤーはYGGトークンや、YGGグッズなどの賞品を獲得できる。

YGGの価値創造

  • トレジャリーが取得したアセットの運用利回り
  • トレジャリーのヴァーチャルなアセットを利用することにより生じる利回り
  • トレジャリーのイールドファーミング活動により生じる利回り
  • eスポーツ、レイド、スポンサーシップ、サブスクリプション、グッズ販売により得られる収益

YGGトークンの利用方法

  • ステークすることでYGGの全体的または特定のアクティビティに関連する報酬を獲得することができる
  • ステークすることで限定コンテンツを獲得することができる
  • ステークすることでDAOに参加し、投票することができる
  • ステークすることで限定商品を購入することができる
  • ネットワーク内のサービスの支払いに利用することができる

トレジャリー

YGG treasuryは、ギルドが直接運営によって得たすべての資金を保有する。時間の経過とともにYGG DAOに還元される価値を最大化するために、YGGのアセット管理を監督する役目を負っている。

山田さん

トレジャリーのアセットがプロジェクトではなくてDAOに帰属するっていう構造は株式みたいだね!

経済活動

  • 暗号資産、メタバース上のヴァーチャルなアセット、SAFTs、ゲーム内トークン(例えば、Axie Infinityの戦闘に勝利することで得られるトークンで、Axie NFTを繁殖させるために必要なSmooth Love Potion(SLP)等)、その他NFTなどのアセットを購入し、メタバース経済の発展に寄与する
  • 収量を最大化するアービトラージファーム
  • すべての関係者のロックされた、権利未確定、未分配のトークンを管理する
  • 負債や利息の支払い、買い戻しを含むアセットの取得、将来の資金調達ラウンドに関わるイベントでのガイダンスを提供する
  • 会計、監査、報告、税務などの財務業務
  • トレジャリーのアセットは3人の共同創業者がマルチシグネチャーのGnosisウォレットで管理している
  • 1回の取引につき、Trezorハードウェアウォレットの3つのうち2つの署名が必要となる

資金調達

  • YGGはDelphi Digitalが主導するシードラウンドで$1.325M、Bitkraftが主導するAラウンドで$4Mを獲得している。
  • 最終的には、DAOがトレジャリーからの資金分配に関する意思決定を継続的に行うことになる。
  • DAOが設置されて十分に分散化されるよりも前に、設立チームはTGEで得られる予測資金を含む調達額に基づいて、以下の資金分配を提案した。
  • 調達した資金は、Figure 1に従って分配される予定である。

ポートフォリオレポート

ギルドのウェブサイトには、ポートフォリオ追跡機能を追加する予定である。メンバーは、YGGの財務・業績データをリアルタイムで見ることができる。

The DAO

DAOの参加者は、YGGネットワークのエコシステム全体の所有者、管理者となる。意思決定はYGGトークン所有によるDAO全体への参加者のオーナーシップに基づき按分される。トークンはDAOにおける議決権を表す。

山田さん

トレジャリーがDAOに帰属しているからこそガバナンスに参加する価値を感じるよね!

後輩

どうでも良い投票させるガバナンストークンだらけっスもんね。

YGGトークンの発行

配布は、異なる日付と異なる目的のために予定されている複数のフェーズで行われる。割当は以下のFigure 2のとおり。

トークンリリーススケジュールは以下のリンク先のファイルを参照。

ネットワークトークンリワード

  • コミュニティは、トークンホルダーにトークン報酬を分配する機能をオンにするかどうかを投票する。ここで、スマートコントラクトを通じて直接アカウントに報酬を受け取るためのステーキングボールトを導入する。配布の仕組みは提案の提出の対象となる。目的は、APYとしてネットワークから報酬を獲得するためのステーキングボールトを作成することである。
  • YGGは最終的に全体的な活動から特定の活動に至る報酬を獲得するためのトークン・ステークを可能にする様々なステーキング・ボールトをリリースする予定である。
  • ボールトは、ネットワークの活動から得られるトークン報酬と、割引や限定商品などの特別な会員特典を組み合わせて設計することも可能である。ハイレベルな説明は、このホワイトペーパーのサブDAOとステーキングボールトのセクションで確認することができる。
  • YGGが開始するステーキングボールトの仕組みは、YGGの公式サイトやブログチャンネルで公開される。

初期体制

ファウンダーは、DAOのコアチームであり、最も初期の参加者となる。徐々に初期の投資家、アセットのオーナー、ブロックチェーンゲームやNFT分野のプレイヤーで構成されるようになる。YGGトークン所有者は、最終的にプロトコルの管理者として初期チームに取って代わる。

ガバナンスの提案と投票

提案および投票内容は以下の通りであるが、これに限定されるものではない。

  • テクノロジー
  • 製品・プロジェクト
  • トークンの割当
  • ガバナンス体制

YGGネットワ​​ークのギルドメンバーは、YGGWebサイトを通じて提案を送信し、エコシステムに投票を行わせることができる。決定は投票の過半数に基づいて行われ、分散システムを通じて実施される。DAOが実装する提案を作成したコミュニティメンバーには、報酬としてトークンが付与される場合がある。詳細については、今後数週間のうちに公式サイトで公開される予定である。

SubDAO

YGGは、特定のゲームのアセットとアクティビティをホストするためにSubDAOを設立する。SubDAOのアセットは、セキュリティ上の理由からマルチシグネチャ(multisig)ハードウェアウォレットを通じて、YGGのトレジャリーによってのみ取得、所有、管理される。スマートコントラクトを通じて、プレイヤーのコミュニティはアセットを働かせることができるようになる。

SubDAOはトークン化されており、SubDAOトークンの一部がコミュニティに提供される。コミュニティのsubDAOトークンホルダーは、具体的なゲームの仕組みに関する提案を送ったり、投票したりすることができる。その意図は、コミュニティがトレジャリー管理下にあるアセットをプレイに回すインセンティブを与えることである。これにより、コミュニティのsubDAOトークンホルダーは、その生産的なゲームプレイから生まれるアセットと利回りの潜在的な上昇を享受することができる。

このホワイトペーパーが書かれている時点では、コミュニティに対して提供される具体的な所有権の内訳は存在していない。SubDAO が開始されると、別のホワイトペーパーと報告書が発行される。それには、SubDAOトークンの割当の詳細と、SubDAOウォレット内のアセットの経済価値が構成価値で記載される。

現在までの提案の1つは、各SubDAOとメインギルドの間のインセンティブを調整するために、選ばれたSubDAOにYGGトークン(メインDAO)の少量の割り当てを含めることである。結局のところ、サブDAOが成功すればするほどYGGトークンはより成功することになる。

最近の例では、YGGLOKトークンの発行がある。YGG TreasuryはLeague of Kingdomの小区画を取得し、DAOが組織するマルチシグによって管理されるYGGウォレットに保有されている。このウォレットはSubDAOにおいてトークン化され、これらのトークンの一部をゲームプレイのアップサイドとしてコミュニティに提供することでインセンティブを与える。トークン化されたウォレットまたはYGGLOKトークンの全てのホルダーは、ガバナンスに参加してYGGLOKが行う活動から得られる利回りのエクスポージャーにアクセスすることができる。

YGGトークンがどのようにSubDAOのゲームプレイ活動のインデックスになるのかについては、ホワイトペーパーの「インデックスとしてのYGG」セクションを確認してほしい。

コミュニティプログラム

このプログラムのアウトラインは今後さらに発展し、DAOの合意による仕組みとなる予定である。

分配されずに余ったトークンは、分配されるトークンがなくなるまで将来のプログラムに使用される。後者の場合、トレジャリーは将来的にYGGトークンを買い戻す可能性がある。

YGG Token

YGGトークンの価値

YGGトークンの価値は以下のとおり。

YGG token = A + B + C + … + Z

Aは、後述の「インデックスとしてのYGG」で説明するように、各SubDAOのアセットを活用することで発生するトークン利回りによるインデックスとしての価値を表す。Bは、全てのNFTアセットとその報酬の利回りの値を表す。Cは、拡大するユーザーベースからの倍率を表す。残りの関数は、NFTアセットのレンタル、商品、eスポーツ、NFTのブリーディングなどのYGGの活動を表している。

メタバースのNFT経済が特にゲームにおいて成長すれば、YGGの価値に乗数効果をもたらすことであろう。メタバース経済と正の相関があることはもちろんのこと、その利回りは吟味されたプロジェクトとそのプロジェクトからの収益活動によるものである。

YGGの収益とその活動の内訳は、「YGGの価値提案」のセクションに記載されている。

インデックスとしてのYGG

YGGトークンの価値としての機能は、そのすべてのSubDAOのオーナーシップからもたらされる収益または価値から導出する。SubDAOはコミュニティがゲームのアセットを投入することを可能にする。

YGGトレジャリーは、一式のNFTアセットを含む各サブDAOの不特定な割合を所有することになる。SubDAO の残りの割合を所有するコミュニティは、アセットを利用するプレイヤーで構成される。

YGGトークンは、トークン化された各SubDAOの所有比率を反映し、SubDAOインデックスとなる。

A = % Axie SubDAO (YGGAXS) + % Lok SubDAO (YGGLOK) + … + % Zed SubDAO (YGGZED)

つまり、Aは、すべてのSubDAOの所有のウェイトを、以下の価値の関数として捉えているのである。

  1. ウォレットの中のアセットの価値
  2. アセットを活用することで得られる生産性の価値

YGGボールト

YGGの各ボールトは、特定の活動またはYGGのすべての活動に対するトークン報酬プログラムを表す。特定の活動に対する年率の報酬を請求できるようにするため、YGGトークンホルダーは、報酬を請求するためのボールトにステークする権利を持つことになる。また、ステーカーはステークしたYGGの量に比例して各ボールトから得られる収益の一部を報酬とするオールインワンステーキングシステムにステークする権利もある。

例えば、アクティビティとしてAxiesのブリーディングに特化したボールトを用意することができる。ステイカーは、そのボールトへのステーク比率に比例して、ブリーディング活動から報酬を受け取ることができる。

もう一つの例として、NFTのレンタル活動に特化したものがある。

また、要望の多かったYGGのすべての活動からトークン報酬を得ることができるボールトも用意され、スーパーインデックスとなる予定である。これにはサブスクリプション、商品、レンタル、トレジャリーの増加、SubDAOインデックスのパフォーマンスなど、収益を生み出すすべての活動が含まれるが、これらに限定されるものではない。

各ボールトには、ロックイン期間および、または場合によって報酬のエスクローや権利確定期間を規定できるような特定のルールがある。詳細については、YGGの公式チャンネルのブログで別途お知らせする。

技術的なロードマップ

プロダクトの開発に係るロードマップは、YGG DAOの意向に沿って時間をかけて継続的に見直され改良される予定である。

製品の追加機能や変更点は、DAOが提案を通じて投票を行う。ホワイトペーパーに明記されているロードマップは変更される可能性がある。技術的なロードマップに関するより多くの最新情報は、公式ウェブサイトやブログで提供される予定である。

短期的には、ユーザーがNFTアセットをファーミングまたはレンタルできるようにすることが可能である。ただし、現在のERC-721標準はそのような機能をサポートしていないため、中央集権化された権限の下にとどまる必要がある。YGGはスマートコントラクトを設定してオーナーシップトークンを発行するか、内部でオーナーシップやレンタルされたアセットをデータベースで追跡する予定である。後者はガス代がかからないため、より安価なオプションとなる。

NFTとの統合をよりスムーズにするために、YGGはキャパシティのレンタルや共有を可能にする新しいNFTの規格を推進する必要があるだろう。2020年4月にEIP-2615が提案された(https://eips.ethereum.org/EIPS/eip-2615)。この提案から、ニーズに合わせた標準を作成するためのインスピレーションを得ることができる。この提案から自分たちのニーズに合わせた標準を作成するように促すことができる。長期的には、NFTシーンのプロジェクトがYGGの標準を採用し、キャパシティのレンタルを可能にするよう動機付けることができればと考えている。

YGGトークンは、YGGが所有するNFTアセットをレンタルしたり、ギルドに積極的に参加することでユーザーに配布される予定である。例えば、ユーザーはYGGから借りたAxiesを使ってAxie InfinityでSLPのファームを行うことができる。ゲームプレイから得られるSLPはDAOに還元され、DAOの目標に沿った行動をとったプレイヤーには、事前に計算されたYGGトークンのシェアが発行される。YGGトークンは、ガバナンスやその他の機能とのやりとりに使用される。

将来的には、スマートコントラクトに基づくNFTのレンディングやデリゲーションを提供することで、ヴァーチャルワールド内部の経済活動が発展していくことが期待される。YGGはこれをトラストレスで実現していくが、短期的にスマートコントラクトからこれらの活動を管理できるようになるまでは、DAOを通じたソーシャルな連携でYGGの目標を達成する予定である。

YGGはトレジャリーを大幅に増加させ、スカラシッププログラムを通じてレンタルを自動化した後、レンタルマーケットプレイスを立ち上げ、他のNFT保有者にスカラシッププログラムを開放する。

チーム

Core Team

コアチームのうち、共同創業者は以下の3名である。

Investors

YGGのシードラウンドとシリーズAラウンドの各投資家は、メタバースにおけるP2Eゲームの将来の可能性に対する理解の深さを考慮して慎重に選ばれた。

これらの投資家は、個人または組織として、ゲーム、NFT、DeFIネットワークプロトコル、および最も尊敬されるグローバルベンチャー企業を含む幅広い経験を持っている。

日本国内の株式会社gumiは、連結子会社である株式会社gumi ventures(100%子会社)を通じて合同会社gumi Cryptos Capital(25%保有、持分法適用会社)を設立し、gumi Cryptos匿名組合を組成してブロックチェーン領域に投資を行っている。

それもあってか、投資先企業であるdoublejump.tokyo株式会社のプロジェクトであるOASYSにGabby Dizon氏が参加している。

SubDAO

SubDAO

YGGLOK(League of Kingdoms)の最初のSubDAOである。以下のTweetのetherscanのリンクを見る限り、細い入金があるので活発ではないが停まってはいないというところだろう。

YGGSPL(Splinterlands)というSubDAOもあるようだが、Twitterを検索しても公式からの言及はなかった。

地域SubDAO

上記のようなゲーム毎のSubDAOの他に、地域毎のSubDAOも存在する。

YGG SEAは、Yield Guild Gamesの最初の地域SubDAOである。フィリピンを除く東南アジア(インドネシア、マレーシア、ベトナム、シンガポール、タイ)のプレイヤーをプールし、YGG SEAは親DAOであるYGGからのサポートとアドバイスを受けながら、これらの国々でP2Eのエコシステムを成長させることに焦点を合わせている。

以下のMedium記事によれば2022年初頭にCopperでセールが行われるとあるが、執筆時点においては販売はされていない。

IndiGGはYieldGuildGames(YGG)のSubDAOであり、Polygonと連携して構築され、インド国内にPlay-to-Earnゲームハブを作成している。IndiGGはゲーマーがゲームの未来を発見し、ヴァーチャルワールドへの旅に出て、すべての参加者に経済的な機会を創出するプラットフォームを構築している。

INDIGGについては2022/3/8にftxでIEOが行われた。


仮想通貨を始めるなら、
まずは Binance に登録しよう!

以下のリンクから登録で
取引手数料が10%割引に!

\ 紹介リンクを使わないともったいない /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる